Home / ハロゲンラインヒーター / 製品紹介 / HLH-30A 超小型 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

HLH-30A 超小型 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

空冷式の超小型ラインヒータHLH-30Aは棒状ハロゲンランプを使用したライン状集光加熱ユニットです。

ハロゲンランプ加熱の特徴である超クリーン高温加熱、無媒体加熱、起動時間がきわめて短い(1~2秒間程度)などの優れた特徴を持っています。

水冷の難しい用途を対象にした、ミラー幅30mm、ミラー部高さ34mmの線集光型です。

空冷部が大きくなるので、水冷品に比べ大きくなりますが、冷却水を必要としないので簡便に使えます。

空冷式でも基本性能に差はないので、水冷式のHLH-30Wタイプ同様に最高加熱温度は約1000℃です。

HLH-30A 超小型 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

《 HLH-30A/f20/L150 》

HLH-30A 超小型 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター


ハロゲンラインヒーター HLH-30/f20の焦点距離と集光幅の変化

加熱性能は水冷型のHLH-30Wと同じなので、そちらを参照してください→HLH-30W

HLH-30A/f20用に、電圧100v,110v,220v,240v,電力200w~1000wのハロゲンランプが製作できます。

HLH-30A/f 20/L84に110v-500wのランプを組み合わせた時の加熱幅と長さは(幅約2.5mm×長さ約30mm)です。

HLH-30AはL= 84mmの他、ミラー長2000mmまで製作できますが、 ランプの外径がφ10.5なので、500mm以上は強度不足になり、HLH-55Wをお勧めします。

空冷のためにDC24v-0.2Aの電源が別途必要です。これには市販の小型ACアダプタが使えます。

弊社で準備する事もできます。

確実に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。「空洞加熱法」を採用してください。
「空洞加熱法」は右記のカテゴリーの「技術情報」の「ハロゲンヒーター入門」の「空洞加熱法」を参照してください。

HLH-30A 超小型 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター 外形図
PDFカタログのダウンロードはこちら
ハロゲンラインヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

お問い合わせ