Home / ハロゲンラインヒーター / 製品紹介 / HLH-55W高性能 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

HLH-55W高性能 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

水冷式ラインヒーターHLH-55W/f25/Lはハロゲンランプを使用したライン状集光加熱ユニットです。
ハロゲンランプ加熱の特徴である超クリーン高温加熱、無媒体加熱(真空中での加熱も可能)、起動時間がきわめて短い(1~2秒間程度)などの優れた特徴を持っています。
ミラー幅55mm,焦点距離25mmのライン集光加熱ユニットとして最高性能を目指したもので、逆カーブ領域まで回り込んだ深い楕円ミラーで構成されます。
また高出力ランプも(H18タイプ)使用可能です。

線集光型は線状加熱以外にも、ワークをコンベアにのせ、ラインヒーターで照射すれば全体加熱が可能です。
また焦点位置から離して使うことにより、幅をもたせた加熱ができます。

確実に効率的に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。
空洞加熱法」も、ご検討ください。

HLH-55W高性能 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

《 HLH-55/f25/L280 》

写真は有効ミラー長280mmですが、100~2000mmの範囲で製作できます。
工業用,研究用の光加熱装置として多くの実績があります。

ミラー100mm当り標準的には約1kwですが、最大約2kwの出力が可能です。
L=280の場合、標準品は2kwですが、最大5kwが可能です。
(ランプはφ18石英管のH18タイプの場合)

HLH-55W/f25/L280/H18

《 HLH-55W/f25/L280/H18 》


ハロゲンラインヒーター HLH-55/f25の焦点距離と集光幅の変化

高精度な光学性能で、焦点幅は約10mmのライン状です。

※集光幅は使用するランプにより異なります。
使用するランプの発熱体(フィラメント)の直径が、だいたいの加熱幅となります。
加熱幅の定義は、照射による白紙の焦げ幅で表します。
ハロゲンラインヒーターで木材の加熱」ビデオでイメージをご確認ください。

HLH-55W/f25/L280の温度分布測定データ

HLH-55W/f25/L280の供給電圧に対する加熱温度

カバーを外した状態
ハロゲンランプはV溝と「ランプ固定金具」で正確に位置決めしています。
※コネクタはオプション

上写真の4-M6を利用して装置に固定します
上写真の4-M6を利用して装置に固定します。

《 大出力ランプ用(H18仕様)の端子ボックス内部 》
《 大出力ランプ用(H18仕様)の端子ボックス内部 》

標準品のH10仕様に対し、ランプシール部冷却用のエアーノズルを追加します。
ここに5~10L/min.の空冷用エアーを流します。

2.5L/minの冷却水.を片側水路に流した時のミラー部最高温度は約150℃です。
水路は2系列あるので、並列又は直列に流せば更に冷却効率が向上します。

ランプ固定金具はランプをV溝に押しつけるようにしてネジで固定しています。
大出力ランプの場合、ここの隙間から侵入する光により端子ボックス内が加熱されるという不具合があるので、
アルミ板で光を反射し、隙間を極力少なくして光の侵入を防いでいます。

最強力5kwラインヒーターは有効ミラー長280mmに200v-5kwという大出力ランプを組み合わせました。
このヒーターの圧倒的なパワーを使うと、従来では不可能だった各種の加熱作業が容易にできます。

このランプ寿命は 2000時間(色温度2950K)に設定していますが、寿命時間は任意に設定できます。
ただし長寿命設定ほど集光幅は広がり、最高加熱温度も低下します。

確実に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。「空洞加熱法」を採用してください。
「空洞加熱法」は右記のカテゴリーの「技術情報」の「ハロゲンヒーター入門」の「空洞加熱法」を参照してください。

右記のカテゴリーの「技術情報」の「集光型ラインヒーター HLH-55W による面加熱応用」もご参照ください。

右記のカテゴリーの「技術情報」の「集光型ラインヒーター HLH-55W /5kwによる耐火断熱レンガの加熱実験」もご参照ください。

HLH-55W高性能 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター 外形図
PDFカタログのダウンロードはこちら
ハロゲンラインヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

お問い合わせ