Home / ハロゲンポイントヒーター / 技術情報 / ハロゲンヒーター入門 / 光加熱の光学 / 楕円面鏡(点集光用)による配光分布の例と考え方

楕円面鏡(点集光用)による配光分布の例と考え方

楕円面鏡(回転楕円面)による配光分布

〔図-3〕楕円面鏡(回転楕円面)による配光分布

点光源の場合は一点に集光するが、現実の光源は面積を持つため点ではなくなる。この例は球状光源の場合。ミラーの奥で反射された光ほど大きな倍率で光源像がスクリーンに投射される。ミラー端部(開口端近く)で反射されたものは倍率が小さいので小さな光源像を作る。そしてそれらの光源像全てが合成されると、上図のように中心部が高く、周囲に裾野をもつ配光分布が得られる。

スクリーン上の光源像の径=光源の径×(L2/L1) —–-前項の解説参照

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

ハロゲンラインヒーター製品情報

お問い合わせ