Home / 熱風ヒーター / 技術情報 / 熱風ヒーターの基礎知識 / 大容量コンパクトタイプ熱風ヒーター (6セグメントタイプ)1kw~30kw以上

大容量コンパクトタイプ熱風ヒーター (6セグメントタイプ)1kw~30kw以上

下の写真は大出力シリーズの標準品です。

大容量コンパクトタイプ熱風ヒーター (6セグメントタイプ)1kw~30kw以上

構造はシンプルで金属ケースはステンレスパイプの両端にネジを切っただけのものです。
用途によりその都度、配管とこのヒータのネジとを接続する部品を作ることになります。

大容量コンパクトタイプ熱風ヒーター (6セグメントタイプ)1kw~30kw以上

ABH200v-1.2kw/10×6PH サイズはφ38×75mm(ネジ除く)
この写真はさほど大出力でもないのですが、コンパクトなものがほしいというご要望により作っています。後に図面と特性図がありますが、エアーの供給圧力が比較的低くてもよいのも特徴です。
熱風出口側の接続ネジとはTIG溶接してもかまいません
大容量の熱風ヒーターで、しかも寸法の短い事が要求される場合に対応した品種です。
基本構造は6本の熱風ヒーターを金属ケース内部で並列配置した構造です。この構造だと例えば10kwの熱風ヒーターが全長300mmという寸法に納まります。しかも外径はφ60mmです。
コストは若干高くなりますが、ヒーターがコンパクトだと、それを組み込む機械設備なども小さくて済み、トータルコストを大幅に小さくできる場合が多々あります。そのため、3kw以上ではこのタイプが主流になっています。
大容量のものも容易に製作でき50kwを超える容量の熱風ヒーターも製作可能です。軽量なのも特徴で、30kwタイプでも片手で持てます。下図の10kwタイプは約1.3kg,6kwタイプは約0.8kg,3kwタイプが約0.55kgです。(1mの電線重量含む)
また6本のヒータの並列接続という構成上、各種の電源仕様に対応可能です。(各種電圧の三相電源,単相電源に対応可)。
代表的な品種としてABH200v-6kw/15PH型を例にとれば、内部に200v-1kwヒーターが6本独立して存在しており、それを内部で2本づつに結線して、6本のリード線で引き出しています。つまり内部に3つの独立したヒーターが存在するのと等価であり、これの接続方法(並列接続又はデルタ接続)により単相又は三相の200vに対応し、スター接続すれば三相の346vにも対応します。
ABH 200v-6kw 15x6PH-3
さらに大型の機種(12kw以上)では、6本のセグメント全てを独立して引き出しています(リード線は12本)。そのため更に多彩な電源仕様に対応できます。(後記する接続図参照)
必要な供給空気圧が比較的低くて済むというのも大きなメリットの一つです。エアー源にコンプレッサーやロータリーブロアを使わなくても、低コストの電磁ブロアが使える場合が多くなります。

製品紹介

お問い合わせ