Home / 熱風ヒーター / 技術情報 / 熱風ヒーターの機種選定

熱風ヒーターの機種選定

熱風ヒーターの機種選定

1.機種選定の流れ

  1. 設置環境で機種を決めます。
  2. 目標温度を決めます。
  3. 必要風量を決めます。
  4. 下の「風量と温度の関係」グラフのから、電力(W数)を求めます。
  5. グラフの電力(W数)に安全係数2倍を掛けて、機種W数を決めます。
  6. 下の「製品構成表」で、候補の機種を絞り込みます。
  7. 各型式の仕様書で外形寸法や詳細を検討します。
  8. 価格表で、価格を確認します。
  9. 価格表から発注します。
  10. 試しに使ってみたいという場合には、4種類の「ラボキット」を用意しています。
    10-1. 熱風ヒーター ラボキット4AM ポンプ付属仕様
    10-2. 熱風ヒーター ラボキット 10PS-350 ポンプ付属仕様
    10-3. 熱風ヒーター ラボキット 100v-350w-10PS 外部エアー仕様
    10-4. 熱風ヒーター ラボキット 200v-3kw-29PH 外部エアー仕様

2.設置環境での機種選定

Q1. 真空チャンバーに設置しますか? Yes ⇒ VAH型
Q2. クリーンルームに設置しますか? Yes ⇒ DGH型
Q3. 加熱気体は腐食性ガスですか? Yes ⇒ DGH型
上記 Q1.~Q3に当てはまらなければ、標準のABH型

3.「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

「風量と温度の関係」グラフ

4.製品構成

熱風ヒーターの製品構成

5.選定例

【例】工場で設置する、毎分40ℓの風量で500℃の熱風ヒーターが欲しい。

5-1. 常温常圧の環境で通常の空気を使用するので、標準のABH型を選定
5-2. 「風量と温度の関係 100W-550W 」グラフを確認。

5-2-1. 40(ℓ/分)と500℃の交点を求めます。
5-2-2. 交点は440wの線になります。
5-2-3. 440wに外乱の影響による安全係数200%を乗じると880wになります。
5-2-4. 880wに近い定格は1kwです。

5-3.,「熱風ヒーターの製品構成」表を確認。

【該当機種】 ABH-15□S 650~1.6kw

5-4.,詳細を「ABH-15□S」ページで確認。

ABH-200v-1kw/15PS/+S/+PS2mを選定

6.詳細確認ページ

型式 外径 電力 仕様書
《 超小型 》 ABH-4□M Φ4 50-100w 詳細はこちら
ABH-6□M Φ6 50-100w 詳細はこちら
ABH-8□H Φ8 100-180w 詳細はこちら
《 標準型 》 ABH-10□S Φ13 100-1000w 詳細はこちら
ABH-15□H Φ19 650-1500w 詳細はこちら
ABH-18□H Φ22 1k-3kw 詳細はこちら
ABH-29□PH Φ34 2k-7kw 詳細はこちら
ABH-38□PH Φ42.7 5k-8kw 詳細はこちら
《 6セグメント型 》 ABH-10*6PH Φ38 800-1200kw 詳細はこちら
ABH-15*6PH Φ50 3k-9kw 詳細はこちら
ABH-18*6PH Φ60.5 9k-18kw 詳細はこちら
ABH-29*6PH Φ101.6 30kw 詳細はこちら
《 クリーンルーム仕様 》 DGH-10PH Φ13 100-150w 詳細はこちら
DGH-15PH Φ19 150-300w 詳細はこちら
DGH-29PH Φ34 1kw 詳細はこちら
DGH-38PH Φ42.7 1.5-3kw 詳細はこちら
DGH-45PH Φ50 3-4kw 詳細はこちら
DGH-38*6PH Φ139.8 12kw 詳細はこちら
《 真空対応型仕様 》 VAH-10PH Φ14 100w-1.2kw 詳細はこちら
VAH-15PH Φ19 650w-1.6kw 詳細はこちら
VAH-29PH Φ34 2kw-5kw 詳細はこちら
《 白金発熱体 》 PTH-10PH Φ13 800w 詳細はこちら

7.熱風ヒーター製品カタログ

熱風ヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら
熱風ヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

お問い合わせ