熱風ヒーターの熱効率

熱風ヒーターの熱効率

熱効率は、大体の値しか示すことが出来ません。一般的傾向として低温度、大流量になるほど熱効率は高くなり90%以上になります。

逆に高温度、低流量になると熱効率は低下します。低流量で最高温度800℃を得ようとすると、小型の熱風ヒーターでは熱効率が60%以下になります。ただし大型の機種になれば同様な条件でも熱効率は高まりますし、断熱材を入れれば大きく改善します。

製品紹介

お問い合わせ