Home / 使用例・活用法 / ハロゲンラインヒーターの活用法 / 硬化ガラスのプラスチック補強貼合わせ

硬化ガラスのプラスチック補強貼合わせ

ハロゲンラインヒーターによる硬化ガラスのプラスチック補強貼合わせ

問題点

ガラス板が妨害して、内部の樹脂を適温で加熱できなかった。

 ⇒改善のポイント

ハロゲンラインヒーターでガラスを透過して加熱した。
板厚によって温度を変えられるので、製品品位が向上した。

5秒で最高温度まで昇温するので、運転開始直後から作業が出来た。
今まで、アイドリングに30分かけていたので、アイドリングタイムはゼロになった。

そして、電気使用料金も、1日当たり、30kwx0.5hx12.16=182.4円コストダウンができた。
年間(250日稼動)で、45600円コストダウンができた。
さらに、C02の年間排出量も1500kg低減できた。

※電気使用料金単価は12.16円/kWhとして計算しました。
※装置全体の電気使用量を30kWhとして計算しました。
※CO2排出係数は、0.4kg-CO2/kwhとして計算しました。