Home / 熱風ヒーター / 技術情報 / 熱風ヒーターの基礎知識 / 白金発熱体を使った特殊ヒータ

白金発熱体を使った特殊ヒータ

白金発熱体を使った特殊ヒータ

白金発熱体(実際には白金ロジウム合金線)を使った熱風ヒーター用 発熱体の例。
熱風温度測定のためのR熱電対を組込んでいる。
白金又は白金の合金(白金-13%ロジウム)を発熱体に使ったヒーターも製作できます。白金は空気中でも1700℃近くまで使えますので、これを熱風ヒーターに使うと1000℃を超える熱風でも得られます。

ただしこの様な温度での長時間の使用には耐えません。Kanthal系合金線の融 点が約1500℃に対し、白金線は250℃ほど融点が高いものの高価なので細い線しか使えず、蒸発を抑制する酸化皮膜もないので長時間使う場合にはKanthal系と大差ないと考えてください。
白金ヒーターは超高温用としての用途よりも、クリーンさが要求される用途に適しています。500℃までならば別記のクリーンヒーター(DGH)の方がクリーンさのレベルでもコストでも優れていますが、それ以上の温度でのクリーン加熱には白金ヒーターが適します。また寸法的に小さくできるので、サイズに制限がある場合も白金ヒーターは適しています。

熱風ヒーター以外にも白金を使ったヒーターがご入用であれば、特注でお受けします。

製品紹介

お問い合わせ