ハロゲンラインヒーターの概要

ハロゲンラインヒーター(線集光型)

ハロゲンラインヒーター(線集光型)

ハロゲンラインヒーター(面集光型)

ハロゲンラインヒーターは、棒状のハロゲンランプの電気を光に変換し、
集光鏡を使い、その光を線・面状に集中させて高温加熱するヒーターです。

◎熱媒体なしで直接加熱するのでガラス越しや、真空中の試料加熱ができます。
◎クリーンに室温から1350℃の高温加熱ができます。
◎約3秒で立ち上がりがます。 アイドリング時間が節約され経済的です。
◎電圧を常時変更することが可能で、PID制御に適しています。
△加熱対象の赤外線吸収率や色、表面状態よって熱吸収量が変化します。

ハロゲンランプの波長分布は500nm~2500nmの可視光線~近赤外線領域です。
近赤外線領域の内でも、ハロゲンランプのピーク波長は約900nm~1000mmです。
その為、加熱対象物の赤外線吸収領域が近赤外線領域に近ずくほど赤外線吸収率が高くなり、加熱効率が良くなります。

専用集光鏡は最も反射効率の良い金メッキ集光鏡を装着しています。
また、コストパフォーマンスの良いアルミ研磨鏡を選択することも可能です。
集光鏡の「集光距離」と「集光幅」の定格値は最高温度を得られる値です。

集光距離を変えることで焦点幅を変えることができますが、
焦点距離(集光鏡端部から加熱対象物までの距離)が近い方が高温加熱ができます。

集光鏡の両端部70㎜は立ち上がり部分の為、安定加熱する部分は両端部70㎜を除いた長さです。
加熱対象物に、左右70mm、合計140mm加えた集光鏡長の製品を選択するとより均一に加熱ができます。
また、端部70㎜用のヒーターを別途用意する方法もあります。

ランプの電流容量には限界値25Aを基準として
電源電圧200V-5kw
電源電圧240V-6kw
電源電圧400V-10kw
電源電圧1000V-25kw、まで任意の設計が可能です。

ランプの長さは最大2,500㎜まで製作可能です。

さらに効率よく加熱する方法として「再反射加熱法」があります。
再反射加熱法は、焦点に集まらなかった光を、反射材を用いて再度焦点に集めて
高温度・均一に加熱する方法です。

※特注品を専用設計後に製作する事もできますが、価格と納期の観点から、
焦点位置からずらせて使用できないかを検討することをお勧めします。

ハロゲンラインヒーター製品情報