ハロゲンポイントヒーターの概要

ハロゲンポイントヒーターの概要

ハロゲンポイントヒーターは、ハロゲンランプの電気を光に変換し、
集光鏡を使い、その光を点・円形に集中させて高温加熱するヒーターです。

◎熱媒体なしで直接加熱するのでガラス越しや、真空中の試料加熱ができます。
◎クリーンに室温から1700℃の高温加熱ができます。
◎約3秒で立ち上がりがます。 アイドリング時間が節約され経済的です。
◎電圧を常時変更することが可能で、PID制御に適しています。
△加熱対象の赤外線吸収率や色、表面状態よって熱吸収量が変化します。

ハロゲンランプの波長分布は500nm~2500nmの可視光線~近赤外線領域です。
近赤外線領域の内でも、ハロゲンランプのピーク波長は約900nm~1000mmです。
その為、加熱対象物の赤外線吸収領域が近赤外線領域に近ずくほど赤外線吸収率が高くなり、加熱効率が良くなります。

専用集光鏡は最も反射効率の良い金メッキ集光鏡を装着しています。
集光鏡の「集光距離」と「集光径」の定格値は最高温度を得られる値です。

集光距離を変えることで焦点径の大きさを変えることができますが、
焦点距離(集光鏡端部から加熱対象物までの距離)が近い方が高温加熱ができます。

ランプの電流容量には約25Aが限界値で、最大120V-3kwです。

さらに効率よく加熱する方法として「再反射加熱法」があります。
再反射加熱法は、焦点に集まらなかった光を、反射材を用いて再度焦点に集めて
高温度・均一に加熱する方法です。

※特注品を専用設計後に製作する事もできますが、価格と納期の観点から、
標準品を焦点位置からずらせて使用できないかを検討することをお勧めします。

クリーンルーム仕様について

ハロゲンポイントヒーターは一般仕様品とクリーン仕様品の二種類があります。
クリーンルーム仕様品は電線をテフロン電線に替え、ランプ固定用の接着剤の使用料を極力抑えています。
一般仕様品よりもランプベース部の温度が高くなりやすいので、冷却をお勧めします。

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

お問い合わせ