ハロゲンポイントヒーターの基本構造

ハロゲンポイントヒーターの基本構造

【ハロゲン ポイント ヒーター の基本構造】

集光鏡部とランプベース部で構成しています。

ランプベース部の素材はアルミです。
ランプは石英ガラスを使用し、耐熱無機接着剤でベース部に固定しています。
ランプのフィラメントは集光鏡の性能を最大限活用できるように
ポイントヒーターに適した形状の球形、または円柱形の縦横比が1~2の短いフィラメントをランプ内に封入してます。
ポイント加熱にはフィラメントの形状もできる限り小さく集中していた方が有利だからです。

ポイント加熱用の大電力のランプの製作は難しく
ランプの電流容量の限界値が約25Aの為、ヒーターの性能は最大で120V-3kwです。

電線は特殊耐熱電線(シリコーンゴム/ガラスクロス被覆)を使用しています。

集光鏡部の素材は金メッキ処理を施したアルミです。
金メッキの集光鏡が最も効果的にハロゲンランプの光を反射できます。
集光鏡には加熱対象物から発生するガスや飛散を防ぐ保護ガラスや
開口部以外の加熱を防ぐフードもオプションで取り付け可能です。

機種によってはオプションで、水冷ユニット(WCU)が装着可能です。
ランプベース部の耐熱温度は約180℃なので、高温加熱する場合は冷却が必ず必要です。
水冷ユニットを装着することで、ハロゲンポイントヒーターを安全に連続使用出来ます。

【 オプションの水冷ユニット 】

オプションの水冷ユニット

 

【 オプションのフード 】

フードは開口部以外のところへ加熱させたく無い場合に御使用ください。

オプションのフード

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

お問い合わせ