ハロゲンポイントヒーター ランプの寿命

ハロゲンポイントヒーター ランプの寿命

ハロゲンランプの寿命は使用する電圧によって変化します。
定格電圧を100%とし、電圧を10%下げると寿命は約3倍伸び、電圧を10%上げると寿命は約1/3の短命になります。

また、ヒーター点灯時の突入電流もランプの寿命を短くします。
ハロゲンヒーターは消灯時は電気抵抗が点灯時の約1/10から1/20です。
オームの法則で、点灯直後には定格の約10倍から20倍の突入電流が発生します。

頻繁に点滅動作をさせる場合にはできる限り電源電圧を1秒間スローアップする必要があります。
スローアップ時間は、DCの小型でも最低1秒は必要で、ACの大型なら最低2秒は必要です。

ハロゲンランプの物理的寿命はランプを構成する部品にあります。
寿命の原因のほとんどはフィラメントかシール部の破損です。

フィラメントの寿命はフィラメント温度(色温度)と比例して決まります。
3000Kで約1000時間、3200Kで約200~300時間です。
色温度が3000Kより大幅に低い時の寿命は計算上極端に長くなりますが、
フィラメントの計算寿命が長くなっても他の要因で計算通りの寿命にはなりません。
目安として2600Kで約5000時間、2200Kで約2万時間の値が採用されています。

フィラメントの他にシール部もランプの寿命に関係しています。
シール部の温度が180℃を超える使用の場合は、寿命の原因はシール部に変わります。
シール部の耐熱温度は180℃までだからです。
ただし、限界温度での使用は避け、150℃以下になるようにシール部は必ず冷却してくだい。

電圧の変化における諸特性変動

供給電圧と寿命

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

お問い合わせ