非接触高温加熱のヒートテック(株)サイトへようこそ!


当サイトは、非接触高温加熱を実現するハイテクヒーターとヒーターコントローラーと周辺機器を販売するサイトです。
製品情報・技術情報・テスト機貸出についてはご遠慮なくお問い合わせください。
研究機関と工場に必要とされるハイテクヒーターと工業計器を、インターネット上で直接ご購入いただけます。
初回取引のお客様は大歓迎です。


詳細はこちら

熱風ヒーター:HEAT-TECH

HEAT-TECH

新製品情報





遠赤外線ポイントヒーター FPHシリーズ

 遠赤外線ポイントヒーター
 FPHシリーズ 新登場!


Φ30とΦ60の超小型です。
従来不可能だった、遠赤外線の点加熱ができます。

詳細はこちら





集光型遠赤外線ラインヒーター FLH-30シリーズ

 集光型遠赤外線ラインヒーター
 FLH-30シリーズ 新登場!


高さ36mm x 幅30mm x 長さ50~318mmの
超小型です。
高速に立ち上がり、高精度の温度制御ができます。

詳細はこちら





平行光型遠赤外線ラインヒーター FLH-35シリーズ

 平行光型遠赤外線ラインヒーター
 FLH-35シリーズ 新登場!


高さ36mm x 幅35mm x 長さ50~316mmの
超小型です。
高速に立ち上がり、高精度の温度制御ができます。

詳細はこちら



空冷式ハロゲンポイントヒーターHPH-60A

 空冷式ハロゲンポイントヒーター
 HPH-60A 新登場!


 ほぼ瞬間的に立ち上がり、
 電圧コントロールで簡単に出力制御ができます。
集光径:約φ5~φ13mm(短焦点ミラーの場合)
 加熱できる温度は約1000℃~1400℃です。
 DC24vの空冷ファンを搭載しているので、
 お手軽に使用できます。

詳細はこちら




空冷式ハロゲンポイントヒーターHPH-120A

 空冷式ハロゲンポイントヒーター
 HPH-120A 新登場!


 集光径:約φ15mm
 加熱できる温度は約1200℃です。
 集光効率のよい特別設計の
 スクエアタイプフィラメントを採用しました。
 DC24vの空冷ファンを搭載しているので、
 お手軽に使用できます。

詳細はこちら




ステップセットコントローラー SSCシリーズ

  ステップセットコントローラー
 SSCシリーズ新登場!


   非接触ヒーターで
   階段制御や台形制御ができます。

詳細はこちら




3kwハロゲンポイントヒーター

  超小型 DC電源 熱風ヒーター 新登場
  ABH12v/24v-□w/10PS

詳細はこちら




3kwハロゲンポイントヒーター

  業界最高
  3kwハロゲンポイントヒーター新登場!
  業界最長
 f1000ハロゲンポイントヒーター新登場!

詳細はこちら




真空対応 熱風ヒーター VAHシリーズ

  真空対応 熱風ヒーター VAHシリーズ
 新登場

詳細はこちら

熱風ヒーターの活用法 - 評価用ガスの加熱




 問題点
  触媒の性能評価をするためのダミーガスを加熱できなかった。
 ⇒改善のポイント
  熱風ヒーターの耐薬品用二重ガラス管仕様DGH型で常温から550℃まで加熱した。
任意の温度での性能評価が出来るようになった。

詳細はこちら

ハロゲンリングヒーターの活用法 - ワイヤーハーネスのヒートシュリンク




 問題点
  全周から加熱する良い方法が無くて困っていた。
 ⇒改善のポイント
  ハロゲンリングヒーターでシュリンク加熱した。
  全周から加熱するので、綺麗にシュリンクできた。
  歩留まりが向上して、手直しが減った。

詳細はこちら

ハロゲンポイントヒーターの活用法 - セラミックスの合成




 問題点
  短時間でセラミックスを合成できるヒーターが無くて困っていた。
 ⇒改善のポイント
  3kwの高出力ハロゲンポイントヒーターで加熱した。
短時間で溶融する温度まで加熱できた。

詳細はこちら

ハロゲンラインヒーターの活用法 - カーボンクロスの予熱軟化




 問題点
  短時間に高温で、広範囲に均一加熱できる、カーボンクロスのヒーターを探していた。
 ⇒改善のポイント
  ハロゲンラインヒーターの面加熱型を数台組み合わせて使った。短時間でカーボンクロスが軟化し、プレス成型の製品が向上した。

詳細はこちら

遠赤外線パネルヒーターの活用法 - 液晶用カバーガラスの加熱




 問題点
  ガラスがもう少し柔らかく曲がると接着の改善になる。
 ⇒改善のポイント
  瞬間昇温の遠赤外線ヒーターで加熱した。立上り時間が早いので、アイドリングタイムがゼロになりタクトタイムロスも気にならない。加熱面積が広いので、全体を均一に加熱乾燥が出来た。
  赤外線の放射周波数帯域が幅広いので、新素材にもヒーターを交換せずに対応できた。

詳細はこちら

QLOOKアクセス解析