Home / ハロゲンラインヒーター / 製品紹介 / HLH-55A高性能 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

HLH-55A高性能 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

空冷式の高性能ラインヒーターHLH-55Aは棒状ハロゲンランプを使用したライン状集光加熱ユニットです。
ハロゲンランプ加熱の特徴である超クリーン高温加熱、無媒体加熱(真空中での加熱も可能)、起動時間がきわめて短い(1~2秒間程度)などの優れた特徴を持っています。

水冷の難しい用途を対象にしたミラー幅55mm,ミラー部高さ105mmの線集光型です。
空冷式は水冷式に比べると大きくなりますが、冷却水が不要なので簡便に使えます。
空冷式でも、水冷式のHLH-55Wと同様に最高加熱温度は約1250℃です。

HLH-55A高性能 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

HLH-55A高性能 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター

《 HLH-55A/f25/L280 》


ハロゲンラインヒーター HLH-55/f25の焦点距離と集光幅の変化

高精度な光学性能で、焦点幅は約10mmのライン状です。

※集光幅は使用するランプにより異なります。
使用するランプの発熱体(フィラメント)の直径が、だいたいの加熱幅となります。
加熱幅の定義は、照射による白紙の焦げ幅で表します。
ハロゲンラインヒーターで木材の加熱」ビデオでイメージをご確認ください。

温度分布 (光学的な加熱性能は水冷型のHLH-55Wと同じです。 )

HLH-55W/f25/L280の温度分布測定データ

HLH-55W/f25/L280の供給電圧に対する加熱温度

確実に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。「空洞加熱法」を採用してください。
「空洞加熱法」は右記のカテゴリーの「技術情報」の「ハロゲンヒーター入門」の「空洞加熱法」を参照してください。

HLH-55A/L280/2kw 電圧と温度の関係

有効ミラー長280mmのユニットに2kwのランプを組み合わせると、ミラー部は約130℃の温度上昇です。
あまり余裕がなく、このサイズにこれ以上のハイパワーランプを組み合わせるのは困難です。
つまり空冷式のHLH-55Aタイプはミラー有効長100mmあたり800wです。

空冷式のために、ヒーター制御用とは独立したファン用電源が別途必要です。
空冷式のために、冷却用空気の無い真空状態ではご使用できません。
真空状態では、水冷式のHLH-55Wをご採用ください。

ビデオライブラリー 「ハロゲンラインヒーターで木材の加熱」はコチラ

HLH-55 アウトフォーカス

HLH-55A高性能 空冷式集光型ハロゲンラインヒーター 外形図

PDFカタログのダウンロードはこちら
ハロゲンラインヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

お問い合わせ