Home / ハロゲンポイントヒーター / 製品紹介 / 空冷式ハロゲンポイントヒーターHPH-60

空冷式ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ほぼ瞬間的に立ち上がり、電圧コントロールで簡単に出力制御ができます。

集光径:約φ5~φ13mm(短焦点ミラーの場合)

加熱できる温度は約1000℃~1400℃です。

空冷式ハロゲンポイントヒーターHPH-60

照射距離と照射径

下の写真はHPH-60/f30/24v-150w(焦点距離30mmの機種)で、照射距離を変えて照射した状態です。

照射距離が焦点距離より近くても遠くても集光径は大きくなっていきます。

この性質を利用すれば、均一な照射にはなりませんが比較的広い範囲を照射する事も可能です。

厳密に均一な配光が必要な場合は、単純な楕円ミラーではなく、配光を特別に設計管理したミラーが必要です。

しかし、光源のフィラメントが3次元形状でその結像焦点も3次元で有る為、平面状の均一配光は非常に困難です。

→「光加熱の光学」を参照してください。

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60/f30の焦点距離と焦点径

ハロゲンポイントヒーターHPH-60/f60の焦点距離と焦点径

ハロゲンポイントヒーターHPH-60/f105の焦点距離と焦点径

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

ハロゲンポイントヒーターHPH-60

PDFカタログのダウンロードはこちら
ハロゲンポイントヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

ハロゲンポイントヒーターの活用法

お問い合わせ