Home / ハロゲンラインヒーター / 製品紹介 / HLH-30W 超小型 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

HLH-30W 超小型 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

超小型ラインヒーターHLH-30Wは棒状ハロゲンランプを使用したライン集光加熱ユニットです。

ハロゲンランプ加熱の特徴である超クリーン高温加熱、無媒体加熱(真空中での加熱も可能)、起動時間がきわめて短い(1~2秒間程度)などの優れた特徴を持っています。

商品コンセプトは「小さいこと」。ミラー幅30mm,ミラー部高さ34mmと超小型です。

各部の設計を工夫しました!
ミラー面は楕円と円の複合曲面を採用して小型化によるマイナス面を克服しました。
高性能を維持しながら極限まで小さくしているので、超小型でも最高加熱温度は約1000℃です。

HLH-30W 超小型 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター《 HLH-30W/f20/L84 》

HLH-30W 超小型 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター


ハロゲンラインヒーター HLH-30/f20の焦点距離と集光幅の変化

HLH-30W/f20/L84用に、電圧100v,110v,220v,240v,電力200w~750wのハロゲンランプが製作できます。

(弊社で標準は110v-500wと220v-500wです)

HLH-30W/f 20/L84に110v-500wのランプを組み合わせた時の加熱幅と長さは(幅約2.5mm×長さ約30mm)です。

HLH-30AはL=84mmの他、ミラー長2500mmまで製作できますが、 ランプの外径がφ10.5なので,500mm以上は強度不足になり中間支持体を設ける必要があるので、HLH-55W/H18をお勧めします。

冷却方式はφ4チューブ接続の水冷式です。
空冷ユニットを付けるとHLH-30Aになります。
平均電力を100w以下に制限(電圧制限、又はON-OFF)して、ボディ温度が150℃以下になれば強制冷却が不要です。

【距離と集光状態-焦点距離20mm】

ハロゲンラインヒーター 距離と集光状態-焦点距離20mm

焦点距離(20mm)から離すと、ある程度の幅を持たせた加熱もできます。
照射強度は均一になりますが、周辺部の熱が逃げるので中心部の温度は高くなります。

確実に高温加熱を成功させるには、ヒータの選定とともにちょっとした工夫が必要です。「空洞加熱法」を採用してください。
「空洞加熱法」は右記のカテゴリーの「技術情報」の「ハロゲンヒーター入門」の「空洞加熱法」を参照してください。

HLH-30W 超小型 水冷式集光型ハロゲンラインヒーター

PDFカタログのダウンロードはこちら
ハロゲンラインヒーターPDFカタログのダウンロードはこちら

価格表はこちら

お問い合わせ