Home / ハロゲンポイントヒーター / 技術情報 / ハロゲンヒーター入門 / ハロゲンポイントヒーター / ハロゲンポイントヒーター ベース部の温度と水冷

ハロゲンポイントヒーター ベース部の温度と水冷

ハロゲン ポイントヒーターのベース部の耐熱温度は180℃です。

24vで連続通電した場合には本体の温度上昇は約 200Kです。
室温が30℃とすれば、ベース部温度は230℃程度まで上昇します。
これは本製品の耐熱限界温度180℃を超え危険です。

HPH-30/35は1分以上連続通電される場合には強風を吹付けるか、放熱板や放熱しやすいものに取りつけて冷却させる、又は水冷ユニットWCU-30の採用などの方法によりベース部の温度を180℃以下に保ってください。

1分以上の連続通電でない場合には特に放熱対策が必要ではない場合もあります。
ただし周囲環境によっては対策が必要な場合もありますので、ご使用状態での本体温度を適時確認してください。

HPH-60は150wランプの場合、通常の開放的な雰囲気でならば連続点灯が可能ですが、閉鎖的な雰囲気での使用、及び150wよりも大きなランプを使用する場合には水冷ユニット(WCU-60)が必要になります。

HPH-120は水冷を基本としておりますが、500wランプでしたらベース部の温度上昇は100℃以内となり、水冷は必要ない場合があります。
1kwランプで1分以上の連続点灯の場合には水冷は必須です。
ベース部の温度上昇

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

お問い合わせ