ハロゲンポイントヒーター ランプの寿命

ハロゲンポイントヒータHPH-160用のランプ

ハロゲンポイントヒータHPH-160用のランプ
HPH-160用には、100v-2000wと100v-2500wがあります。
アルミ製ベースに対して正確にフィラメントの位置決めをしています。

ハロゲンポイントヒーター ランプの種類

ハロゲンランプは電圧を変化させると各種の特性が変化します。

最も大きく変化するのは寿命で、電圧を10%下げると寿命は約3倍になります

ランプ寿命はフィラメントの温度(色温度)でほぼ決定されます。
3000Kで約1000時間であり、3200Kで200~300時間となります。
温度が3000Kより大幅に低い時の寿命は計算上極端に長くなりますが、フィラメントの計算寿命が長くなっても各種の要因でランプとしての寿命は計算通りにはなりません。
一応の目安として2600Kで5000時間、2200Kで2万時間程度の値が採用されています。

ランプの寿命を制限するものはフィラメント温度だけではありません。

シール部温度が高い場合にはこれがランプ寿命を決定する要因になります(下図参照)。
ランプ寿命が2000時間程度の場合、シール部温度が350℃以下であれば、この部分の耐熱が寿命を制限する要因にはなりません。
350℃以上の場合、2000時間以内でシール部が破損して使用不能となります。

ハロゲンヒーターは消灯時は電気抵抗が点灯時の約1/10です。
そのため、点灯瞬時に大きめの突入電流が極短時間流れます。
この突入電流はランプ寿命に悪影響しますので、長期間頻繁な点滅動作をさせる場合には電源電圧をスローアップさせます。
スローアップ時間は約1秒必要です。

電圧の変化における諸特性変動

供給電圧と寿命

ハロゲンポイントヒーター製品一覧

お問い合わせ